今しばらくの意味と使い方、少々との違い

「今しばらく」という言葉は意外と使います。相手先に待ってもらう必要があるときに、「今しばらくお待ちください」などと言います。使い方として、すぐには対応できないけれど、それほど時間はかからない、そんな意味があります。「今しばらく」の正しい使い方を覚えて、ビジネスシーンで上手く使いこなせるようにしましょう。

「今しばらく」の意味とは

「今」は「ここで更に」「その上に」「もう」を意味とはしていします。 「しばらく」は「少しのあいだ」「しばし」「当分の間」を意味します。 「しばらく」は漢字だと「暫く」と書きます。 「暫」は「わずかの間」「しばらく」を意味します。 「暫時」「暫定」などと使います。 「今しばらく」は「もうちょっとの間」「もう少しの間」という意味になります。

今しばらくはどれくらいの期間のこと

「今しばらく」は今すぐではないが、あまり時間がかからないさまを指ししています。ビジネスメールで「今しばらく」といった場合は、【数日〜一週間程度】を指しています。「今しばらく」と伝えて長い間期間待たせてしまうと、相手が予想以上に待たせることになり、相手先に失礼になります。 長時間待たせてしまう場合には「多少お時間をいただきます」「お時間拝借してもよろしいでしょうか」などと、長い期間のを意味するフレーズを使うようにしましょう。

「今しばらく」の使い方と例文

今しばらくを使う時に多いのは、「ホームページをリニューアル中です。今しばらくお待ちください」など、よく見かけると思います。 「今しばらく」は丁寧な言い方なので、使用するときは目上の人に対して使うことが多いです。

例文 「ありがとうございます。すぐにお返事いたしますので、今しばらくお待ちいただけますでしょうか。」 「交通事故の影響で渋滞しており今しばらくは動きそうにない。」 「現実に作業するのは、今しばらく時間がかかりそうだ。」 「◯◯◯◯はただいま外出中です。こちらにおかけになって今しばらくお待ちください。」 「大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。現在ウェブサイトのメンテナンスを行なっておりますので今しばらくお待ちください。」

「今しばらくお待ちください」の使い方

「お待ちください」は、 ・「お」=尊敬を表す接頭語 ・「待つ」 ・「ください」=丁寧語 で成り立っています。 「今しばらくお待ちください」といった場合は、「すぐではないけれど、少しの間待ってほしい」というときに使います。 例えばメールなどで、相手からの問い合わせに回答する場合、まだ回答がはっきりしないときに「お急ぎのところ大変恐縮ですが、今しばらくお待ちください」と使用するのが一般的です。 「お待ちください」は敬語として正しい表現です。 ただ「お待ちください」は待つことを強いるようなニュアンスのため、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 「今しばらくお待ちください」を使うときは、”待たせてしまい本当に申し訳ない”という気持ちを持って使うようにしましょう。

今しばらくお待ちください」のその他の言い回し

今しばらくお待ちいただけますか

「お待ちいただけますか」は、 ・「お」=尊敬を表す接頭語 ・「待つ」 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 「お待ちください」は「相手が待ってくれる」という意味で、「お待ちいただく」は「相手に待ってもらう」という意味になります。 ちなみに「お待ちいただけますでしょうか」としてしまうと、「ます」と「です」で二重敬語になってしまうため間違いになります。

今しばらくお待ちいただけると幸いです

「幸いです」は、「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」ということを意味しています。 「幸いです」はビジネスメールなどで、相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 依頼をするときに使う「幸いです」は、「〜してくれるとありがたい」を意味します。 「今しばらくお待ちいただけると幸いです」は「もう少しの間、待っていていただけるとありがたいです」という意味合いになります。 「今しばらくお待ちください」と頼むよりも「今しばらくお待ちいただければ幸いです」といった方が、柔らかい印象を与えられます。

今しばらくお待ちいただいてもよろしいでしょうか

「よろしいでしょうか」の意味は「問題ないでしょうか」「差し支えないでしょうか」です。 「よろしいでしょうか」は、「いいですか」「いいだろうか」と同じ意味ですが、これらより丁寧な表現になります。 「よろしいでしょうか」は相手の意志を確認したり、同意・許可を求めるときに使う表現です。 「今しばらくお待ちいただいてもよろしいでしょうか」は「もう少しの間、待ってもらってもいいですか」と相手に確認したり、同意を得る表現となります。

「今しばらくお待ちください」の言い換え

「お待ちください」は「お時間をいただきたく存じます」「お時間ください」に言い換えられます。 ここでの”お時間”は、”相手の都合の良い時間”のことを指します。 「今しばらく」は「しばし」「少しの間」「ちょっと」に言い換えることができます。 「しばし」は漢字だと「暫し」と書き、「すこしの間」「ちょっとのま」を意味します。 「しばしお時間をいただきたく存じます」「少しの間、お時間ください」などと使えます。