名刺の作り方(Adobe illustlator)入稿データ作成まで|初心者も安心

前回はメールのテンプレートサイトを紹介しましたが、

今回は実際に名刺を作成するデザインソフトadobeイラストレーターを使用して、

実際に名刺を作成していきましょう。

名刺の作り方

イラストレーターを開くとillustratorへようこそと表示されている部分に、

用途に合わせたフォーマットが表示されています。

名刺の作り方.1(イラストレーター編)

ここからA4を選択します。印刷とは違うフォーマットを選ぶと、

形式などが変更されるので、A4を選択しましょう。

名刺の作り方.2(イラストレーター編)

枠(フレーム)を作る

名刺の作り方.3(イラストレーター編)

画像のツールバーで「長方形ツール」を選択します。

名刺の作り方.4

そのまま「アートボード」へいきクリックすると、画面のようにサイズを入力できます。

ここで名刺のサイズ91mm×55mmと入力しOKを押します。

名刺の作り方.5

すると指定サイズの枠ができるので、色を「無し」枠を線幅0.5ptにしておきます。

名刺の作り方.6

その枠を選択し「オブジェクト」の「パスのオフセット」を選択します。

ここで「-3mm」と入力します。

こうすることで枠の内側3mmにボックスができるので、これを「表示」の「ガイドを作成」でガイドラインにします。

名刺の作り方.7

これで余白のついた名刺サイズの枠が完成しました。

テキストを入力する

名刺の作り方.8

次は文字を入力していきます。文字ツールを選択し、ガイドラインの左上でワンクリックします。

すると文字が入力できるので、会社名を入力します。

名刺の作り方.9

ここではNAME CARD.Incとしておきます。

名刺の作り方.10

続けて名前を入力します。この時半分より気持ち左にガイドをひいておくと、揃えやすくなります。

名刺の作り方.11

名前の入力が終わったら、そのテキストツールを選択しながら、「shitキー」、「altキー」を押しながら下に移動させます。

名刺の作り方.12

テキストのコピーができたので、文字サイズを「名前」より少し小さくして、

会社名を入力していきます。

名刺の作り方.13

同じ要領で住所や電話番号も入力しましょう。

名刺の作り方.14

これで、イラストレーターを使った名刺の作成ができあがりました。

ロゴや色・文字の太さを調整して完成

名刺の作り方.15

今回は簡単なロゴを追加して、文字色や太さを簡単に調整しました。

このほかにも、イラストや写真を入れて作成するともっと自分好みの名刺を作ることができます。

このデータをベースに印刷屋さんにデータ入稿し印刷したり、プリントソフトで自宅でプリントをして、作ることができます。

※データ入稿をする場合は、CMYK形式、文字のアウトライン、トンボ等をチェックする必要があります。

その他、印刷する自宅のプリンターで印刷する場合も専用のテンプレートにコピーして専用データを作成します。枠も不要になります。