委任状の書き方・文例

委任状とは、自分で行う一定の手続きを、第三者に委任した事を記載した文書の事です。ほかにも会合などの議事を委任する場合や、第三者に自身の手続きを依頼する場合などでも作成する事が必要になります。委任する相手に代理権を与える証拠となります。

委任状をもちいて第三者に何らかの事項を委任することは、委任した第三者がとる行為にたいして、全責任を負わなければならない事になるので自分にリスクが発生することになります。そのため委任状を使う場合はリスクも考えて使う必要があります。

銀行の委任状の書き方

委任状
名義人 住所 ※□□ □□
名義人 氏名 ※□□ □□ 銀行印
委任理由 ※□□□(出張中・高齢 など)

私は、下記のものを代理人とし、以下の手続きを委任します。

代理人 住所 ※□□ □□
代理人 氏名 ※□□ □□
名義人との関係 ※□□□(配偶者 など)

手続き内容 ※□□□□□(定期預金の解約 など) 契約番号※□□□
受け取り方法 ※□□□□□(振込み など)

※振込先銀行・支店・口座番号・振込先名義名

車の委任状の書き方

委任状
受任者住所  □□ □□
受任者氏名  □□ □□
 
上記のものを代理人と定め、下記自動車の ☆□□□□(移転登録・変更登録・抹消登録など)申請に関する権限を委任します。
 
自動車登録番号または車体番号 ■■■-■■■-■■■■■■■
 
※平成  年 月 日
委任者氏名 ※□□ □□  実印
委任者住所 ※□□ □□