手紙

頭語と結語の意味と一覧表

頭語は手紙でよくつかわれます。冒頭で書く「こんにちは」など、第一印象になる言葉です。締後は逆に文末をしめる「さようなら」にあたり、頭語にそった言葉を使う必要があります。 手紙を出す相手を考えて使う言葉を変えて書きましょう。

スポンサードリンク

頭語・結語の一覧表

頭語 結語 結語
一般的に使われるもの 拝啓(はいけい)
拝呈(はいてい)
啓上(けいじょう)
一筆申し上げます
敬具
敬白(けいはく)
拝具(はいぐ)
かしこ「差出人が主に女性の場合」
改まった手紙の場合 謹啓(きんけい)
恭啓(きょうけい)
粛啓(しゅくけい)
謹白(きんぱく)
謹呈(きんてい)
謹んで申し上げます
敬具(けいぐ)
謹言(きんげん)
謹白(きんぱく)
頓首(とんしゅ)
敬白(けいはく)
かしこ「差出人が主に女性の場合」
緊急の手紙の場合 急啓(きゅうけい)
急呈(きゅうてい)
急白(きゅうびゃく)
とり急ぎ申し上げます
早々
敬具(けいぐ)
拝具(はいぐ)
草々(そうそう)
不一(ふいつ)
初めての手紙の場合 初めてお手紙を差し上げます
突然お手紙を差し上げる無礼をお許し下さい
敬具(けいぐ)
敬白(けいはく)
謹言(きんげん)
頓首(とんしゅ)
返信手紙の場合 拝復(はいふく)
復啓(ふくけい)
謹復(きんぷく)
お手紙ありがとうございました
御状(貴簡、ご書状、お手紙)拝見(拝読)いたしました
敬具(けいぐ)
敬白(けいはく)
拝具(はいぐ)
拝答(はいとう)
かしこ「差出人が主に女性の場合」
再信の場合 再啓(さいけい)
追啓(ついけい)
再呈(さいてい)
重ねて申し上げます
敬具
敬白(けいはく)
拝具(はいぐ)
再拝(さいはい)
略式 前略(ぜんりゃく)
冠省(かんしょう)
略啓(りゃくけい)
前文失礼いたします
前文お許し下さい
前文お許し下さい
草々(そうそう)
早々(そうそう)
不一(ふいつ)
不尽(ふじん)
不備(ふび)
かしこ

スポンサードリンク