手紙

「残暑見舞い」のついてのポイント

1. 出す時期

「残暑見舞い」は、8月7、8日の立秋を過ぎてから、「残暑見舞い」に代わって出します。ただ、どんなに暑さが続いていても8月末までには届くようにしましょう。

スポンサードリンク

2. 返信はすぐに出す

残暑見舞いをもらったら、間をあけずにすぐ折り返し礼状を出しましょう。

3. 普段音信のない人に出す

残暑見舞いは普段あまり音信のない人と連絡を取り合うよい機会です。社交辞令の文章だけで済ませず、自分の近状などを伝えましょう。

よく使う言い回し

暑さの表現

「庭の植木もぐったりとしているような残暑ですが」

「そろそろ涼しい風が吹いてもよさそうな頃ですが」

見舞いの言葉

「暑さももう少し辛抱です、無理をなさらずご自愛ください」

「友人への残暑見舞い」

 残暑お見舞い申し上げます


 暦の上では秋とはいえ、まだまだ暑い日が続いております。

 ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしですか。当方は 元気にしておりますので、ご安心ください。

 残暑は今しばらく続きそうですので、お互い健康には 注意して、この夏を乗り切りましょう。

「知人への残暑見舞い」

 謹んで残暑のお見舞い申し上げます


 立秋とは名ばかりの暑さがあいかわらず続いております。


 ご家族の皆様にはいかがお過ごしでしょうか。この時期は 夏の疲れが出てくるころですから、夏風邪など召されませぬ よう、お体大切になさってくださいませ。

「恩師への残暑見舞い」

 残暑お見舞い申し上げます


 今年は蝉の声がいつまでも激しく、暑さをひとしお感じる ようです。先生、その後お変わりございませんか。今年はO OOの関係で帰省がままならず、先生にお会いできないこと がとても残念です。残暑厳しい折ゆえ、お体には十分お気を つけください。

「残暑見舞いの返信」

 ご親切に残暑見舞いをいただき、ありがとうございました。


皆様そろってお元気のご様子で何よりです。私の方は少々夏 バテ気味ですが、無事に暮らしておりますのでご安心ください。


 今朝、ひぐらしの声を聞きましたから、まもなく涼しくなると 思います。くれぐれもご自愛くださいませ。


 遅ればせながらお礼まで。

スポンサードリンク