手紙

「年賀状」についてのポイント

1. 賀詞は相手によって使い分ける

目上の人にあらたまった年賀状を出す場合は、「賀正」「賀春」「迎春」「頌春」などの簡素な賀詞はさけて、「謹賀新年」「恭賀新年」「謹んで新年のご祝詞を申し上げます」「新春を寿ぎ、謹んでお喜び申し上げます」といった、より丁重な賀詞を選びましょう。

スポンサードリンク

2. 不吉な言葉や話題はさける

旧年中の礼を述べ、先方の多幸を祈り、変わらぬ交際を願うのが年賀状の基本的な内容です。一種のお祝い状なので、事故や災害、病気、離婚などの不吉な話題は慎みます。

3. 喪中の場合

喪中欠礼のあいさつは、郵便局が年賀状受付を開始する前の12月初旬には届くように出します。喪中のときは「年賀」とは書かず、「年頭」「年始」とします。

「一般的な年賀状」

謹賀新年


 お健やかに初春をお迎えのことと拝察しお喜び申し上げます。

 本年もよろしくお願い申し上げます。

初春のお喜びを申し上げます

 ご家族の皆様に幸多き年でありますよう、

 心からお祈り申し上げております。


恭賀新年


 旧年中は公私ともに格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。

 本年もよろしくご指導のほどお願い申し上げます。

謹んで新春のお慶びを申し上げます

 昨年は大変お世話になりました。

 この一年のご健康とますますのご活躍を

 お祈り申し上げます。


迎春


 旧年中は格別のご支援ご愛顧を賜り

 心より御礼申し上げます。

 本年も変わらぬお引き立てのほど

 よろしくお願いいたします。

「結婚告知を兼ねる」

迎春

 昨年結婚し初めてのお正月を迎えました。

 今後ともご指導と末永いお付き合いを

 お願い申し上げます。

「引っ越し告知を兼ねる」

あけましておめでとうございます

 昨年引っ越し、新たな環境と新たな気持ちで

 お正月を迎えております。

 本年もよろしくお願い申し上げます。

あけましておめでとうございます

 旧年中は大変お世話になりました。

 新居にて初めてのお正月を迎えています。

 お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 本年もよろしくお願いいたします。

「商店から顧客への年賀状」

賀春


 旧年中は格別のお引き立てを賜り

 まことにありがとうございました。

 お正月はO日からオープンいたします。

 皆様のご来店を心からお待ちしております。

「年賀状の返信」

頌春


 早々のお年賀状ありがとう存じます。

 平素のご無沙汰をお詫び申し上げ

 皆様のご多祥を心からお祈り申し上げます。

ご丁寧なご年始状をありがとうございました

 私共喪に服しておりますため

年末年始のごあいさつは失礼させていただきました。

服喪中の知らせが行き届きませんでしたこと

深くお詫び申し上げます。

本年もよろしくご厚誼賜りますようお願い申し上げます。

ご丁寧なご年始のごあいさつをいただきありがとう存じました

 父、OOOOは昨年O月O日、OOOのため他界いたしました。

 故人生前のご厚情に感謝し、ご連絡が遅れましたことを

深くお詫び申し上げます。

「喪中欠礼のあいさつ」

喪中につき年末年始のごあいさつをご遠慮申し上げます

 O月O日に祖父OO享年OOO歳にて永眠いたしました。

本年中のご芳情に厚く御礼申し上げますとともに

明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます。

スポンサードリンク