手紙

「依頼状」についてのポイント

1. 依頼の趣旨を明確に

何のために、どんな内容のことを、どの程度まで請け負ってもらいたいのか、という依頼の趣旨を、はっきりと簡潔に書きます。依頼の内容が複雑な場合は、箇条書きにわかりやすくまとめるか、資料などをそえましょう。

スポンサードリンク

2. 手紙で頼む失礼を詫びる

頼みごとは本来、じかに先方に出向いて行うべきなので、手紙で済ませる場合は、一言その失礼を詫びておきましょう。

3. 条件をはっきりと示す

就職の依頼は、希望する職種などの条件をはっきりと書きます。あいまいにしておくと思わぬ誤解が生じて、先方に迷惑をかけることにもなります。

借金の依頼をする場合は、資金の使い方や返済期日、方法、利息などを具体的にはっきりと書きましょう。

「先輩に就職の依頼をする」

前略

 突然お手紙を差し上げます失礼をお許しください。

 OO先生から先日ご連絡いただいたと思いますが、私はOO大学OO学部のOOOOと申し上げます。
かねてからOO会社に勤務なさっているOO先輩を紹介してあげよう、とおっしゃってくださり、あつかましくも筆をとらせていただきました。

 ご多忙中のところまことに勝手なお願いで恐縮ですが、ご都合のよろしい日をお知らせいただきたくお願い申し上げます。


草々

「知人に借金の依頼をする」

 うだるような暑さの続く毎日ですが、皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。


ところで、はなはだ申し上げにくいことなのですが、折り入ってお願いしたいことがございまして、お手紙を書かせていただきました。と申しますのは、実はマンションの掘り出し物を見つけ、急きょ頭金にOOO万円が入用になりました。手付金はすでに納めてあるのですが、あとOOO万円ばかり不足しているのです。融資の手続きが済み次第返済できると思いますので、とりあえずご融資いただけないでしょうか。


 まずは書面にてお願い申し上げます。


不一

スポンサードリンク